FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

寒い寒い寒いと三人で炬燵の中

気温の上がらぬ寒い一日。
9時にお猫様、お犬様のブラッシングをすませると三人で炬燵に飛び込む。
お犬様も足を炬燵に突っ込み一緒になって横になる。学習しちゃったよ。
これじゃあ一日何もできなくなってしまうよ。
寝てばかりいると体が腐っちゃうぞ、そう声をかけても二人は炬燵の中。
小生は頑張って、6月公演の台本を執筆。老体にムチ打って頑張っている。

午後、お猫様が突然狂う。猛スピードで家の中を駆け回るのであった。
10日に一度ぐらいの頻度で、この狂騒が起こる。
お犬様ももう慣れてきて、片目を開けてちらりと見るだけ。
お猫様用のタワーを伝って鴨居を走り抜け、床をダッシュし、ドケドケドケッ!と走り回る。
でもお猫様の持続力は精々6~7分。だからお犬様も踏みつけられないようにしながらジッと嵐の過ぎるのを待っている。
もの凄い勢いで走り回っていたかと思うと、パタンと終わってしまうのだから、そっちの方が驚きである。
炬燵をめくるともうそこにお猫様は寝そべっている。
お犬様に、お庭に行くかい、と聞くも、行かないとすげない返事。
明日はもっと寒くなりそうである。
お二人さんは、また何もしない一日になりそうである。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。