FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

何もしていないのに何故か時間が忙しい

世間は三連休。何もしていない小生も三連休。の、筈なのに何故か時間が忙しい。
炬燵布団の上にピッタリと体を寄せて一日寝ているお犬様を見ていると、勝手に時間を忙しがっている小生が馬鹿に思えてくる。
しかし、忙しいのだ。三日程前から、突然読み返したい作家を思い出して読み始めたのが時間の忙しくなってしまったそもそもの原因。その作家の特定の作品を読みたくなったわけではなく、全ての作品について読み返してみたくなったのである。全てとはいっても、小生が持っている本の全てという意味である。
普通の人に比べると、読むのはかなり早い方だと思うのだが、時間が足りないと勝手に思い込んで、時間を忙しくしてしまっている。
こちらが集中して読みふけっている時に限ってお猫様がやって来て、あれこれとせがむ。ああー煩いと声を荒げると、わざと家の中を走り回り、邪魔をするのである。こらー、っと立ち上がると大喜びにスピードを上げて走り回るのである。尻尾を三倍にも四倍にも膨らませ全力疾走である。そうなったらもう手が付けられない。机の上は勿論、電話機・プリンター・本棚ところ構わず駆け上り踏み倒し、手が付けられない。
しかし、お猫様はお犬様と違って持久力が無いので突然プツンと大騒ぎが終わってしまう。そして水を飲むとまた炬燵に入って寝てしまうのである。
やっと本に集中できると思う矢先、お犬様が起きてきて、今度はタンタランダンスをしようという。
勘弁してくれ!
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR