FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

立春の声聞いて風温み蕾膨らむ

昨日今日の暖かさが、もう三日も続けば庭の春の花たちが開き始めるだろう。
昨日よりも庭の蕗の薹がほっこりと膨らんでいた。まだ一個だけで、後は小指の爪ほどにしか膨らんでいないので、摘むのが憚られる。本当は立春の今日、春の香を褒めたかったのだが、夜の汁物はスープにしたので、蕗の薹はお預け。明日にでも春の香を褒めようかな。
保護してきた子犬を今日一日預かり面倒を見てきたのであるが、兄弟が何匹居たのかは分からないが、生き残っただけあって逞しく、利口である。遊びを一人で工夫して大はしゃぎする。我が家のお犬様にも一人前になって乱暴を挑みひっくり返されては大喜びしている。明日の午後には、保護センターの方に連れて行かれるのであるが、何とかいい飼い主さんと巡り合ってほしいものである。
子犬を買おうとするときに、温和なしい子犬を選択する人が多いが、本当は乱暴な一人遊びができる活発なこの方が利口な犬に育つものである。子犬のうちから温和なしい犬は、過保護に育てたりするとすぐに負け犬に育ってしまう。その意味では、預かっているこの子犬は活発で、何にでも興味を示し、一人遊びをよくするので良い家族になれる犬だろうと思う。何とか良い飼い主にと願うばかりだ。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。