FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

里山に龍の霧が舞い上がった

公演初日の所為もあって、慌ただしい一日であった。
公演の出来は、初日と言うこともあって十分満足というわけにはいかなかったが、まずまずであろう。ユッキーちゃんはやや入れ込みすぎて感情のとり方にむらがあり、だいぶ台詞を飛ばしていた。
しかし、明日は感情のコントロールもしっかりとれるようになるだろうと思っている。
クラリネット奏者の橋爪氏夫妻が、今夜はギター文化館泊りなので、一緒に夕食をして帰って来たので帰りがが今になってしまった。
今日のメインとなる恋物語百の第31話は、地球にやって来た龍が自分の星に帰るという話であるが、公演の中休みの時に、向かいの里山を一本に伸びた霧が、まるで龍のごとくに立ち上って行った。ちょっと感動的であった。
さあ、明日は完璧な舞台にしたいものである。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。