FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

何事もなく静かに年の暮れて

お猫様、お犬様の世話をしながら話しかけてみた。「そうだよ、こうして何事もなく静かに時が暮れていくのが一番さ」 二人からは返事は帰ってこないが、彼等はいつもそのことを感じながら時を移ろっているのだろうと思う。特にお犬様は、6月までは人に怯え、竹やぶで息をこらして時の過ぎるのを感じていたのだから、小生との何事もなく静かに移ろうことの極楽を感じているに違いない。考えてみたら9年前にお猫様が怯えた細い声で我が家の玄関で呼んでいたのだから、今はそんなことあったかしらと言わんばかりに我が家の主になっているが、何事もなく静かに時の暮れることの重大さは言わずもがなで感じているに違いない。
今年も今日を入れて二日。我が家では静かに時の暮れている。日々これ平安、である。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR