FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

この私にもサンタは来るのかな

お利巧していたらサンタが来ると幼稚園の子供が教えてくれた。小生も口は悪いが、行いはちゃんとお利巧しているつもりだ。だから今夜、靴下をつるして床に入ったら、きっと素敵なサンタのプレゼントがあると思うのだが。
ところでマザーグースの歌ではないが、お利巧してないとサンタが来ないというのは実に残忍な言葉に聞こえるのだが、そう思うのはへそ曲がりな小生だけだろうか。
小生、お上手だとかお利巧という言葉ぐらい嫌いな言葉はない。お上手、お利巧の言葉がどれほど大勢の子供たちから才能を奪ってしまったのだろうか。お上手、お利巧を褒め言葉だと思っている人のなんと多いことだろう。褒め言葉どころかこれほど残酷で非道な尺度言葉はあるまい。目盛の実存しない尺度の言葉なのだから始末に負えない。
小生こんな風に思っている。自分の子供や孫には文化人に育ってもらいたいので決して使わないと。
文化力を育てるためには、実体のないお上手、お利巧の尺度言葉は早急に殺してしまわねばならない。こんなに害毒をまき散らしている言葉も珍しい。
こんなことを言っていると、今夜はサンタさんが表れそうもないな。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR