FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

お利口してたらサンタさんが来るよ

お隣の幼稚園に行っている女の子が「お利口してるとサンタさんが来るよ」と言って、一生懸命にお母さんのお手伝いをしていた。
石岡の街を歩いてみてもクリスマスを待ち焦がれるような賑わいはない。旧商店街の通りを歩いていても、四季の工夫もなく、季節外れの雰囲気だけが漂っている。恐らく今はもう市民の気持ち中には商店街に買い物に行こうという感覚はないようである。それでも何か事あるたびに市街地活性化だとか町おこし等の言葉だけが使われて、そこに暮しの臭いがしない。
「お利口してるとサンタさんが来るよ」の隣のお嬢ちゃんだけが暮しの臭いをさせていた。お嬢ちゃんの屈託ない声に、「ああ、ここには暮しがある」と嬉しい気持ちにさせられた。
昨日も少し書いたが、美浦村のモダンダンスの久美ちゃんから「ふるさと美浦村の昔物語」の本が送られてきて、今日も読んでいたのであるが、とても良く出来た本である。お話そのものは何処にもある物語であるが、編集が良い。伝承民話集なので、その本を声に出して読んだら、伝え話になるように文章編集がなされている。この地域の幾つかのふるさと民話集を見たが、どの本も学校の作文で点数を取るような詰まらぬ文章であった。だが、美浦村の昔物語集は、本を声に出して読めばそのままお話になるような文章編集になっていた。語り伝えられてきた物語なのだから語り聞くような文章構成と編集になっている。この村の文化力の高さなのだろう。ちょっとうらやましい気分にさせられた。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR