FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

オクラの黄花夕やけにさよならを告げた

今年、10苗ほど植えたオクラが、秋の寒さに次々と枯れ、ひっこ抜いていったのであったが、4株ほど残っている1株が小さな花をつけけなげに咲いていた。日暮れて、雨戸を閉め庭に出たら、けなげな花が夕暮れの明かりにさよならを言うように花をしおらせ頭を下げていた。これで本当に夏が死んだのだと知らされた。
ならば、寂しい気分を捨てて、秋の味覚を満喫しようではないかと、さっそくクリ飯を炊いて、さんまを焼いて晩飯とした。
秋は旨い。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。