FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

そろそろ夏ですね暑いところ大好きとお猫様

ジッとしているとそうでもないのだが、少し動くとムシムシと暑く汗がダラダラと落ちてくる。お犬様ときたら、小生汗だくになってブラッシングを終えると、あーぁ、さっぱりとしたという顔をして、植木の下の土を掻きヒンヤリとした土を掘り返すとゴロリと寝転がってしまった。やっと綺麗になったのに何てこった。何とか早く野良犬の癖をなおさせなければ。
ところがお猫様ときたら、ブラッシングが終わりサッパリすると家の中で一番熱い納戸の陽の当たる所に丸まって寝ってしまった。こちらはそれを見るだけで暑さが倍増する。陽の当たる納戸…と不思議に思われる人もいるだろうが、我が家はそうなのである。大家は何を考えてそんな陽当たりのよい場所に納戸をこしらえたのか知らないが、仕舞うものにはよほど注意をしないといけない。しかし、そんな場所がお猫様は満足なのだ。去年の猛暑の中でも、お猫様はそこが最高の昼寝の場所なのである。
今年はどんな夏になるのだろうか。小生些か脅威に思っている。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR