FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

日々の暮らし何でこんなに忙しい

つらつらと思うに、日々の暮らしというやつ、何でこんなに忙しいのだろうか。ゆっくり昼寝の時間もとれないなんて一寸可笑しいのじゃないだろうか。しかし、何をやっているという訳でもないのだから益々不思議である。お犬様が一人増えたのであるが、それで特別に忙しさが増したという訳ではない。お犬様が居なくても忙しさは同じである。
この忙しさと言うものどうやら物理的な忙しさではない。かといって精神的に負担になるようなことは何もない。暮らしと言う日常そのものがどうやら忙しいもののようである。
石岡に越して来る前までは、一日20時間近く仕事をしていた。寝ている時以外はすべて仕事であった。通勤の時間は資料を読む時間。食事の時間は打ち合わせの時間。兎に角激烈に仕事をこなしていた。しかし、今ほど忙しいと思ったことはなかった。時間がたっぷりとありそうでいながら、ゆっくりと本を読む時間もないのである。
これでもし、孫たちと一緒に暮らしていたらどうなるのだろうか。恐らく母親は、「ママ、今忙しいからお爺ちゃんに言ってちょうだい」と言うに違いない。
どうも人間、歳の数に比例して忙しくなるのではないだろうか。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR