FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

オクラの芽一列になって前へ倣え

オクラの芽が漸く元気に両手を広げ次の葉の元気を促している。明日からはまた気温が下がるらしいが、南国生まれのオクラたちにはこの気温の上下がかなり厳しい。暑さにはめっぽう強いのであるが、寒さは大の苦手である。寒さが苦手といえば我が家のお猫様もそうだ。今日は暖かな(外は暑い)一日であったが、お猫様はペット用のホットマットを敷いたハウスがお気に入りで、出たり入ったりしている。熱いだろうからと電源を切るとダメだと文句を言いに来る。で、電源を入れておくと、熱いものだから出てきてヒンヤリの板の間に行き倒れるのである。今日は一日その繰り返しであった。
今日は、柏木久美ちゃんと舞の稽古を行ってきた。ユッキーちゃんは突然の用で一緒に稽古ができなかったが、久美ちゃんの舞は少しずつ熟成してきた。朗読をするのがとても楽しい。ユッキーちゃんの舞の作り方と全く違うので舞台に流れる風の渦に法則性が消えて二人の舞姫の個性が競い合う形になる。ちょうど里山の雑木林を抜ける風の様になる。来週は、ギター文化館での稽古となるので、里山の風の流れが何時もとは違う姿を見せるであろう。
楽しみである。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR