FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

妹二人限りなく美しく素敵に

今日はユッキーちゃんと柏木久美ちゃんが初めて稽古を行った。柔らかくゆっくりとした舞の動作に、明日あたり二人の妹の足腰は筋肉痛を起こすのではないだろうか。手話をベースとした舞から離れて、心のうねりを舞の動作にしていく表現はユッキーちゃんには初めての事になる。
呼吸時間の調整で動作の緩急を作りながら穏やかな波にたゆとう舞は、そこに春の小鳥たちの囀りが聞こえてくるような感じにさせられた。
ユッキーちゃんと久美ちゃんの調整は、十分な言葉での説明が出来ないので、百聞は一見に如かずで、まず久美ちゃんの舞を見てもらった。これは聾者の人達の才能なのであるが、視覚に捉えたものの吸収判断は健聴者には想像がつかないほど優れたものがあるが、ユッキーちゃんの吸収力とその再現力はずば抜けていると言える。2月に久美ちゃんと一緒に舞って、大いに吸収するものがあったが、今回はそれ以上に大きなものをつかんでくれるだろうと大いに期待しながら、6月の公演の出来栄えが楽しみである。恐らく私が描いている出来上がり以上の表現が出来上がるだろうと思う。
二人の舞の稽古を見ながら、小生自身の朗読も言葉を舞う音にしなくてはと頭を痛めている。しかし、大変楽しみな舞台である。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR