FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

花冷えの風に雲雀も鳴かず

東京の桜の開花のニュースが流れたが、それに合わせるかのように、こちら地方は花冷えの風が吹いた。
例年この季節には雲雀が天空に高音を張るのだが今年は未だ二度、三度しか声を聞かない。
周辺の草叢がどんどん宅地に整地されていくので、雲雀もどこかへ引っ越しをしてしまったのだろう。
少なくなった草叢には、雉が棲んでおりけたたましい声で鳴いている。
雉は、人に追われたり、危害を加えられたりしないことを知っており、少なくなった草叢に巣をつくり安楽に暮らしているようである。
最近では、野良猫の数もめっきりと減り、天敵のいないことも幸いして、雉が楽園を作っている。
時々、道路を歩いているが、雄の雉は中々鑑賞に値する。
日を受けて光る羽は、見ていて惚れ惚れとする。
一時数を減らした雀も数を増やして、吾が庭にも朝と夕餌をねだりに来る。
我が家のワンニャン3sも、雀らが餌を啄んでいても追いかけることもしないので安心してやって来るようである。
もう少ししたら、蜥蜴たちも陽だまりにやって来るだろう。
今年も手乗りの蜥蜴にチャレンジしなくては。
ヒロ爺(26,862日)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。