FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

風の届かぬ陽だまりだけが春のほほん

春まだ遠く感じる朝の寒さ。
昼間も風の届かむ陽だまりだけがほっこりのほほんの春を思わせているが、たまに吹き込んでくる風を受け春はまだ遠いと実感する。3sは陽だまりの廊下に川の字で寝ったり。
三者三様の鼾をかいている。
安心のし切った様子るを見ると、この子たちは本当に野良から保護した者達だろうかと思ってしまう。
先日、庭の蕗の薹をすっかり摘んでしまったと思ったら、椿の木の下に黄色の花がまん丸く顔を出していた。
椿の葉に霜から逃れ、ニッと笑みを見せる蕗の薹の何て可愛い姿かと思わず笑みを作ってしまった。
体感はまだ冬であるが、庭を見ていると随分草達が元気な緑をひろげている。
今からこまめに草むしりをしておかないと、春だなと思う陽気になると一斉に背伸びしだして手が付けられなくなってしまう。
しかし、凍った土によくも見事な緑の絨毯を作り上げるのかと、草どもの逞しさに感心する。
(ヒロ爺26,485日)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。