FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

とうとう霙振る 春草の天を睨んで

本日は冬に逆戻り。
午後雲行きが怪しくなり、2時過ぎに早めにお散歩行こう、と庭に出るとポツポツともう雨が降っていた。
お犬様は軟弱者で、雨が降ったり雪が降ったりすると外に出たがらない。
庭で用足しをすればもうぐるっと散歩しなくても良いようである。いや散歩に出たくないのである。
今日も、お散歩、と声を掛け戸を開けると、勇んで外に出るが、雨がポツポツ、パラパラしているのを知ると、途端に動きが止まり、行くの?…という顔をして、こちらを見上げる。
雨が強くなる前に行ってこよう、とハーネスをつけ無理矢理外に出す。嫌々歩き出すが、100メートルも行くと、「さあもう帰ろう」とクルリと戻ろうとする。こうなると無理矢理ひっぱても歩こうとしないので、引き返すより仕方がない。
そろそろ3/11であるが、今日はその時の陽気に似た感じで、何となく気味の悪い一日であった。
膝に乗っかてくる黒猫椿に、地震が来ても俺を置いて逃げるなよ、と言ってみるが自分の体制造りにごそごそ動くばかりで話しを全く聞いていない。地震体験のお犬様は、机の下に寝そべっている。そうだ、ここなら逃げ出さなくてもいいよな。安全地帯だ。
(ヒロ爺26,483日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR