FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

雨はもういいと雀等の会議題

午前中、お犬様にシャンプーをしてやる。
陽射しが暑すぎ、陽だまりでのドライヤーに汗だくとなった。
遅い昼食後、雀らがやけに賑々しく声を上げ梅の木で会議をやっている。
何を大声でと思って見に行くと、小雨がパラついていた。
慌てて洗濯物を家にいれる。
雀等の大声のおかげで濡らさずに済んだ。
これも毎日餌をあげているお礼か、と気分を良くしたが、よくよく考えたら雀らが会議で雨が多すぎるとただ文句を言っているだけ。
それもこのまま振り続けると、夕飯にありつけないぞ、とでも言っているのだろう。
昨日も、今日の午前中にも蜥蜴達が姿を見せてくれない。
朝晩めっきり寒くなって来たので、冬眠の準備でも始めたのだろうか。
まさか、少し早いだろうに。
でも北海道では雪が積もったのだから、蜥蜴達にしたら、早めに冬支度をしなくてはとでも思っているのだろうか。
そう言えば、先ほど風呂に入り、半袖のパジャマでいるのであるが、血行不良の所為もあるのだろうが、足先が冷たく体も寒くなってきた。ジャンバーを羽織らなければ。
(ヒロ爺26,350日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR