FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

陽射したてば朝夕の冷え込みは大きく振れて

タイトルの代わりに、毎日一行詩とまではいかない「一行文」を書いて来たのであるが、記事の管理を覗いたら、昨日までで2195件となっていた。今日は2196回目の呟き投稿となるが、俳句で言うと一日一句、2196句を連続して呟いてきた事になる。
東日本大震災と遠征公演で連続が途切れたが、合計で10日ぐらいだから、連続2196日と言わせて貰おう。
幾つか読み返してみるが、あまり出来の良い文はない。だがよくも毎日呟いて来たものだと、我ながら感心する。
記事の中身は、当初考えていたのは劇団の話しであったが、開始早々にしてお猫様、お犬様、庭の蜥蜴や雀、虫達の話しになってしまった。
禄でもない、屁にも糞にもならない駄文であるが、誰かに強制されたわけでもなく飽きずに続けているのは、些か狂人染みている。
幸いなことにただの呟きなので、書く題材に頭を悩ます事はない。今日はお猫がよう喋る、お犬様ご機嫌…等々と呟きを書くだけなので毎朝新聞を読むような只の習慣である。
呟き続けるためのモチベーションなどない。毎日書こうと決めたから、とそれだけなのだ。
いつ終わらせても構わないのであるが、初めを決めたように終わりを決めなければ終われないだけなのである。
まあ、困った性分と言えばそれまでであるが、当人はそれを困った性分と自覚していないのだから、まあもう少しだらだらと続いて行くのだろうな。
振り返れば3000日、なんてことになるのだろうな。
(ヒロ爺26,349日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR