FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

十月の雨あがって夏日 ハイビスカスの笑顔

9時過ぎには雨が上がったが、その後気温が上がり、夏日と蒸し暑さで一日不快な気分であった。
午後には陽が射したが、湿度が高く洗濯物が乾かない。
ニャンs、お犬もグズグズした動きで明るさが足りない。
少し大きな鉢に植え替えをしてあげたハイビスカスだけが元気に笑顔の花を咲かせている。
午後、庭に陽だまりが出来たが、蜥蜴達は出てこない。
梅の枝に十数羽の雀らが止まり、喧しくお喋りをしている。
蜥蜴にとって鳥は天敵であるらしく、襲わぬ雀の声でも聞こえていると、なかなか出てこない。
これから秋も深まり、気温が下がってくると蜥蜴達と顔を合わすことが無くなる。
明日は、今日よりは爽やかな陽気になりそうなので、蜥蜴達が顔を見せるかもしれない。
何時もなら、お犬に庭に出るよと声をかけると、大慌てにやってくるのに、今日は嬉しくないのかノッタリノッタリとやって来て、庭には下りず廊下に寝そべってしまった。
陽が射しているとはいえ、庭草には朝の雨の雫が残っているので、出たくないらしい。
ニャンsも、我も我もの声をあげない。
こんな陽気に元気なのは、ほんにハイビスカスだけ。
(ヒロ爺26,343日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR