FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

秋雨に濡れて咲くオクラ花のあはれ

本当に続かぬ秋の空である。
女心、男心だってもう少しは続くというに。
今年は何度もオクラの芽が夜盗虫の様な奴に倒されて、ようやく成長したものの、なかなか花を咲かせなかったのに今頃になって大慌てに花を咲かせている。しかし、秋風の所為で、花は小さく、雨に濡れている様は余にも哀れに見える。
そういえば鉢植えのハイビスカスも今頃になって盛んに花を開かせている。
そろそろ縁廊下に上げてやらなければいけない。
しかし、廊下に上げるとニャンsの玩具にされないだろうか。
兎に角ニャンsは若さをもてあましており、何でも自分たちの遊びの道具にしてしまう。
よく食べ、よく遊び、よく喋る。
今日は、定期検診で病院へ出かける。
三か月前に、膵臓の表面に変化が見られ、その進展が気になったが、前回の変化も消え、マーカーにも反応がなかった。
まずは一安心というところであるが、何があっても不思議はない歳になったことではあるし、精々頑張って自由自在をせねばと思う。
(ヒロ爺26,342日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR