FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

秋を飛ばして冬になろうというか 雪雲を真似て澱んで居る

昨日は、秋の空になったのに、今日は冬空のように雲が垂れている。
気温も上がらない。
見上げる雲は、まるっきりの雪雲のようである。
ニャンsは、一日毛布に埋もれて居る。
この陽気が続くようならば、お猫用のホットマットを出してやらねばならない。
今日は、定期診断の為の事前検査。
血液検査、MRI、超音波検査を行って来る。
小生、どう云う訳だかMRIのカンカンカンの音を聞くと急激な睡魔に襲われる。
息を吐いて、止めて、と言う声がヘッドフォンから流れてくるが、そんなことどうでもよくなり直ぐに眠くなる。
移りがブレて、ちょっと時間が掛かりました、と検査技師に嫌味を言われる。
前回の超音波検査で、膵臓に少し変化が現れたので、今回念入りに探らせてみた。
検査技師たちは、診断めいた事を口にできないので、様子は聞けなかったが、月曜の診察で何と言われるのか。
何があっても驚きはしないが、肉体を苦痛に晒すのだけは勘弁して欲しいものである。
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR