FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

やっとこの秋の陽 風もひんやりと

昨日は青空を隠しての秋の風であったが、今日は漸く秋の青空が現れた。
明日から数日秋晴れが続くと天気予報ではいっているが、何となく懐疑的になってしまうのはこの秋の特徴なのだろうか。
ガラス越しの陽だまりにニャンsは寝ったりを決め込んでいるが、、硝子戸を閉じての陽だまりでは流石に暑いらしく、台所の床板にべたりと腹這って火照った体を覚ましていた。
葉が半分ほど散った梅の木に、最近色々な小鳥がやってくる。
今まで来たことのないメジロ位の小鳥。雀より些か大きな、羽艶のよい小鳥。
毎年のこと、小鳥図鑑を買ってこようと思いながらもう7~8年が過ぎている。
野鳥図鑑の代わりに、キノコ図鑑を眺めてるのだから、かなりピントがずれている。
お犬様は、机の下にフカフカの長座布団を敷いてあげたものだから、そこで一日寝ている。
やっとこ訪れた秋晴れの一日は、泰平也の我家である。
(ヒロ爺26,337日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR