FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

やっとこ秋の風が声をしてくれた

本日、今季初めての秋日和。
今日は、日本プロゴルフシニア選手権の観戦に出かけてきた。
今季初めてと言っていい、気持ちの良い秋日和。
ヒヤリと乾いた風が流れ、枯れ始めた木々の葉を鳴らす。
紅葉は、まだまだ先であるが、小さい秋が小学校の高学年ぐらいにまで成長していた。
はっきりとした確かな季節が、生きている幸せを教えてくれる。
ゴルフ観戦を早めに切り上げ、家に戻ると、3sは風の流れに沿って縦に長く寝ったりを決め込んでいた。
ニャンsには、少し風が冷たく感じる筈なのに、流れの川に沿って寝ったりを愉しんでいる。
ワンもニャンも暑さ寒さの好き嫌いは別にして、はっきり確かな季節の流れてくれることが、一番の安心を感じさせてくれるのだろう。
その証拠に、お犬様が寝言で頻りにタンタランダンスの声を唄っている。
明日も、確かな秋日和であることを願って、今夜は早く寝るぞ!
(ヒロ爺26,332日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR