FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

晴れても秋晴れはなく夏のこぼれ晴れ

久しぶりに雨がないと思ったら、夏の暑さが戻って来た不愉快な晴れ陽気。
昼前にはもう冷房がないと我慢ならない暑さとなった。
庭の蜥蜴達は元気に走り回っている。
本当ならば冬の準備に忙しい筈なのだが、秋がないのでまごついているのだろう。
暑くて不快な陽気ではあるが、月初の編集作業があり、庭の蜥蜴と遊んでいる時間はない。
一日机に座り、PCとにらめっこである。
今月は、嬉しい原稿が突然飛び込んできたのは良いのだが、古語の文章なので非常に打ちにくい。
古代地名に関する原稿なので、地名の文字が当て字が多く、語源は縄文語、アイヌ語だったりするので超がつく大変さ。
現代文のようにササッといかない。これがなかなかのストレス。
しかも、内容を楽しみながらの打ち込みなのでなかなか進まない。
すっかり肩が凝ってしまった。
(ヒロ爺26,329日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR