FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

十月に入っても台風と東京疑惑の話しばかり

久しぶりの晴れ間。
山の洗濯とお犬様シャンプー。
ニャンsのトイレ砂の全とっかえ。
窓を開け放ち、風を入れ替えながら大掃除。
ニャンs、お手伝いのつもりなのか足元から離れずいちいちついて回る。
しかも顔をスリスリしながらなので踏みつぶさないかとハラハラ。
晴れ渡った天気になると、家の中に居ても気分が高揚するらしい。
陽だまりは暑いニャン、なんてことを言いながらよく水を飲む。
ニャンsとワンの水桶は別々に置いてあるのだが、ニャンsはワンの水桶で飲みたがる。
今日のように陽気が良いと水の減るのが早い。
少し減ってくるとニャンsは、水ニャイ水ニャイと言いに来る。
十月に入り、少しは新しい話題が出始めるかと思ったが、土曜、日曜なので、相変わらず台風と東京疑惑物語。
間を割ってアメリカ大統領選へのテレビ討論会の話題。
いづれも愉快とは言い難い。
「とかく浮世は色と酒…」なんてことを言うではないか。
爺の浮いた話でもしたいものである。
(ヒロ爺26,327日)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR