FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

野良猫騒動で梅雨空も戸惑って降るか止めよか

朝から野良猫の騒動。
小生の風呂場の屋根の所に野良猫が住み着いていると隣家の人に知らされた。
風呂場が少し出っ張って増設されたらしく、大屋根から一メートルぐらい低い位置に風呂場の屋根がある。
丁度雨宿りにはうってつけの場所になっている。
そこに野良猫が梅雨の住処にと決めたらしい。
もの凄く人懐っこい猫で、ニャーニャーと呼ぶのである。
屋根から降りても小生の足元にまとわりつき離れない。どうやら腹を空かせているらしい。
餌を与えると住み着いてしまうので、可哀そうだが放置しておいた。
夕方、奥様が帰ってきたらまた何処からか飛び出してきて、呼び叫び纏わりついてくる。
家の中に一緒に入ろうとする。
よほど腹を空かせているようなので取り敢えず保護することにし、奥様が職場の保護犬の居る事務所に連れて行く。
明日は、飼ってくれる人を探さねばならない。
腹を空かせていた所為もあるが、人を怖がらず懐っこく可愛い顔をしている。
何とか良い飼い主さんが見つかると良いのだが。
何となく見覚えのある野良ちゃんで、一歳ぐらいじゃないだろうか。
我家で引き取っても良いのだが、耳ちゃんお猫様が許しそうもない感じである。
今夜は見知らぬ倉庫の片隅で、不安にしている事だろう。
さてどうなるのだろうか。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR