FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

ねぼけた梅雨晴れに雲雀啼く

局地的に大雨が降っている様子。
この地はねぼけた空模様でボーッとした陽気である。
春のぼやけた陽気とは違って、不愉快な暑さまで行かない暑さである。
気分も晴れやかでない。
午後、気分転換に机回りの模様替えを始めてしまった。
ついでに引出し類も整理してやろうと全部ひっくり返したところ大変なことになってしまった。
一層の事全部捨ててやれと、ビニール袋に放り込んでいったが、意外や捨てられない物が殆どであった。
ヒヤ~ッ、ひっくり返すんではなかった。
足の踏み場がないどころか、なかなか引出しに収まらないのである。
しょっちゅう模様替えをやっているが、引出しをいじらなかったのはこう言う事だったのだ。
悪戦苦闘で引出しに仕舞い終えたらもう4時過ぎになってしまった。
何で引出しを整理しようなんて思いついたのかつらつら考えたら、ねぼけた空に雲雀が大声で鳴いていたからだ。
あの忙しげな鳴き声に唆されてしまったようだ。
お猫様もお犬様も、爺はまた始まったぞ、と傍から離れて寝ったり知らん振りを決め込んでござった。
雲雀の声は、昼寝の時に遠くに聞くのが良いようだ。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト



トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR