FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

風温む庭に猫犬と遊ぶ昼下がり

冷え込むような予報だったが、日中は風も温み、庭に椅子を持ち出して日向ぼっこをした。
お猫様、お犬様も一緒になって陽だまりにまったりと寛ぐ。
お猫様が膝に寛ぐと、お犬様までもが膝に乗りたがる。二人は無理である。
お犬様が膝に手を掛けると、お猫様は「お前は下に座ってろ!」とばかりに顔をパンチする。
お犬様は、すごすごと足元に寝そべる。
「そうだ、それで良いのだ」とばかりにお猫様はミューと鳴く。
お犬様の頭を良い子良い子と撫でてやっていると、膝の上でお猫様腹を出して自分も撫で撫でしろと要求する。
昼下がりのひと時、三人でこうして風に吹かれて日向ぼっこするのは良いものだ。
本日もまた平安なり。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。