FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

今夜も雪降るか雲あつく冷気の強く

昨日の夕食に、大寒卵をおもって卵雑炊を食べたのであったが、早速の金運ならず修理代のかかることになってしまった。ビデオデッキが使用していないにもかかわらず誤作動を起こすので修理にもっていったら、保証期間が二か月ほど過ぎていて、有料になるというのであった。とんだ出費になってしまった。
矢張り、大寒卵は、大寒の日に産んだ卵でないとご利益が無いようである。
午前中は陽も射して暖かな陽気であったが、午後から次第に曇り始め夕方近くには霧雨が降りだした。
それに合わせて空気が急に冷たくなってきて、夜半から明け方にかけて雪が降るのかもしれない。
お猫様、今日は午前中に一度炬燵から出てきて庭を一回りしたのであったが、その後はずーっと炬燵の中である。
お猫様のこんな様子を見ると、矢張り雪にでもなるのだろ。
動物たちには、不思議な能力があるようで、寒くもないのに炬燵から出てこないなと思っていると、突然寒風が吹き荒れたり、冷たい雨が降り始めたりするものである。気圧だとか湿度だとかで天気を的確に予想するようである。
何時になくお猫様がミューミューと呼ぶなと思っていると突然強風が吹き始めたりする。髭がセンサーにでもなっているのだろうか。
夕食の時には、一度炬燵から出てきて小生の食事するのを確認するのであるが、今日は出てこない。
恐らく夜半から明け方には雪が降るのであろう。
雪の降るのは良いけれど、積るほど降られるとそれは困る。
薄っすらと椿の葉に白がのる程度が嬉しいのだが、そううまくはいかないのだろうか。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。