FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

もう少し待ってからと蕗の薹

春の七草。でもあまりにも真冬過ぎて庭のはこべらも顔を出していない。
先日、蕗の薹をみたらもう頭を持ち上げていたが、今日の寒さの中で蕗の薹をみたら、余りの必死に頭を持ち上げている感じがして、七草の代わりに味噌汁に刻み込んでやろうと思っていたのであったが、もう少し待ってからにした。
何でも初物を珍重し、それを食すのが通の様に思われたりするが、本当の通は旬に食すものである。
蕗の薹ももう少しホッコリと膨らみが出てきた方が、春の香は良いように思う。
昨日よりも今日の方が寒かったのかな。
今日も日中はお猫様、お犬様は縁側の陽だまりで昼寝。
小生は、足温器だけで机に向かっていた。
小生の部屋が一番日の当たらない所なので室温は5度。寒さには強いと言ってもやっぱり寒い。
こんな日は、昭和26年2月に北海道から東京に戻って来たときの寒さを思い出す。
兎に角東京と言うところは雪もないのに何て寒い所なんだ思ったものであった。
雪国では今年は積雪量が多いと言う。
雪国に住みたいと思うこともあるが、この年齢になって雪国に戻るのはちょっと辛いな。
飛騨か北海道に老後は帰ろうと思っていたのであるが、寒ブリだとかルイベなどと食い意地を張ってみても雪かきを思うと萎えてしまう。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。