FC2ブログ

常世の風に吹かれて呟いて…

常世の国に迷い込んだヒロ爺が、日々の風に吹かれて呟きを舞う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

霜凪明けの朝高く伸びています霜柱

今朝は思い切り霜柱が高く伸びていた。
高く伸びているのは塀際の陽の当たらない場所である。
ザクザクと地面の霜柱を踏み倒して、10センチ以上も伸びた霜の所へ行く。
つま先で横に払うとシャララ…と細いガラス棒達がぶつかり合って声を上げるような音を奏でてくれた。
お犬様が一緒に出てきて、霜の上でタンタランダンスを舞って、あっという間に踏み倒してしまった。
音を楽しみながら全部の柱を倒してやろうと思っていたのに何ともあっけない事か。
しかし、お犬様には小生の見守る中でシャララ、シャララとダンスしながら霜を倒すのは大層嬉しく楽しい事なのだろう。窓の向こうからお猫様が「馬鹿め!足に霜焼けができるぞ」と言わんばかりの顔をして見下ろしている。
風のない一日であったが、冷え込みの強い一日であった。
今夜も冷え込みそうである。
明日の朝には又、霜の声を聞いて愉しむとするか。
(ヒロ爺)
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ヒロ爺

Author:ヒロ爺
FC2ブログへようこそ!
ヒロ爺は、映画・演劇の脚本・演出を生業としておりましたが、日本シナリオ作家協会を退会し、何もやらない何もしない暮らしを始め、周囲の顰蹙を買っています。しかし、何もやらない何もしない暮らしは、その才能と精神力がないとできないことを知り、改めて己を天才(天災)かも知れないと思っている所謂呆け老人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。